2007年08月08日

ビーチワールド

 ヤバイ、ヤバイ!!この商品はヤバイ!!

 本日は「手のひらサイズの地球」と銘打たれた、NASA技術の生んだ話題のペット「ビーチワールド」のご紹介。NASA技術を利用したペットと聞いて「なーんだ、AIBOの類似商品ね」と思った貴方。ちょっと待って。ビーチワールドはそういった類のものとは全く違うんです!!


  私達の地球が様々な生物のおりなす完全調和によって成り立っているように、手のひらサイズのガラス球であるビーチワールドも生き物達の完全調和によって成り立っています。NASAのスペースコロニー技術によって生み出されたビーチワールドは、地球が生命の調和によって輝き続けられるのと同じように、光と熱を与えるだけで 小さな命がそれぞれを支え合い、素晴らしいバランスとハーモニーによって輝き続けることができるのです。

 

 ビーチワールドでは子えび、藻、バクテリアがお互いを支えながら生活しています。光を与えることで藻はエビが生きるために必要な酸素と食物を作り、エビは藻の栄養となる二酸化炭素を吐き出しています。

 ビーチワールドの世界をそっと覗いてみて下さい。日々藻が増えてゆき、その藻をエビが食べる様子が見れるかもしれません。また、エビが砂を運んだり、クルクルとループを描いて追いかけっこをして遊んだり、サンゴにとまって一休みしている様子がとてもよく見えます。


 見ているだけで宇宙の神秘を感じられる、21世紀型の完全癒し系ペット。しかも光さえ与えていれば、私達は完全に傍観者として彼らの世界を見ているだけでよい。。何という脱力系ペット。

 次回以降はこの商品のレビューを収集してゆきます。

この商品を日本最大の
通販サイト「楽天」で買う??
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ビーチワールド(WG8)-BEACHWORLD【小さな地球】☆在庫あり即日発送☆ 
 ビーチワールド

posted by good shoppers at 07:40| ビーチワールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビーチワールド2

 調べれば調べるほど魅力的なビーチワールド。私も自宅で自然の神秘を感じたい。。以下、購入者のレビューをどうぞ。

 ■「個としてのチームマネジメント」さんはオフィスの会議室に設置してあるビーチワールドをパチリ。良く考えたら手間要らずのこの商品はオフィスのインテリアにぴったりなのかもしれません。

東京事務所では、下記のような水槽?のようなものを打合せスペースにおいてあります。これは、ビーチワールドといってこの中だけで小さい生態系が成立っている小さい地球です。
個としてのチームマネジメント ビーチワールド

■「サボ*10」さんは退職される方への記念品として購入したそうです。世話要らずなので、意外に気の利いたインテリアとして喜ばれるかもしれません。

先日退職された方への記念品として贈りました。N.A.S.A.のスペースコロニーテクノロジーを利用したライブ感あふれるインテリア。水を変える必要も無くエビの生存保証が6ヶ月ついてきます。
サボ*10 手のひらサイズの地球【ビーチワールド】

■「考える事と想うこと」さんは哲学的(?)にビーチワールドを語っていらっしゃいます。生態系ってすごいな…と、そして小エビが可愛いなと。

こういった食物連鎖は、たしか小学校の高学年ぐらいの理科の授業で教えられたような記憶がある。このビーチワールドは、そういった地球規模の連鎖を15cm前後の水槽に再現していることになる。すごいと言えば、ディモールトすごいような気もするし、それだけの物と言ってしまえば、まあたいした物ではないような気もする。ただ、こういった価値が上手くつけられない物というのは、僕の心を激しくゆさぶる。理屈ではなく物欲パワーが全開になってしまう。そして、物が増えるのが嫌いな奥さんに怒られるという連鎖が産まれるのだ。
考える事と想うこと 生態系のこと

 ということで今日の情報収集はここまでー

この商品を日本最大の
通販サイト「楽天」で買う??
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ビーチワールド(WG8)-BEACHWORLD【小さな地球】☆在庫あり即日発送☆ 
 ビーチワールド

posted by good shoppers at 07:40| ビーチワールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビーチワールド3

■「日々のこと。」さんはずっと欲しかったビーチワールドをついに入手。「思った以上にエビが可愛くて大満足」だそうです。ピコピコ動くエビをみて私も癒されたい。

ずっと欲しかったビーチワールド、とうとうゲットしました。フォルムも綺麗だし、餌をあげたり水を替えたりの作業もないし、なにより思った以上にエビが可愛いくて、大満足。

■「立松の家作り」さんはビーチワールドを購入して半年。最初は8匹だった小エビが現在は3匹まで減ってしまったそうです。小エビは2,3匹程度かと思っていたのですが、思ったより多くの数が生息しているみたいですね。

半年経ちますが、最初8匹いた小エビが今では3匹です。(T_T)完全に閉ざされたガラスの球体の中は "小さな宇宙"。光合成と食物連鎖のライフサイクルが、ガラスの中に存在していて、えさを与えなくても小さなエビが生き続けています。
脱皮したあとの透明な抜け殻はとってもきれいです。

■「eye's Japan.blog」さんはビーチワールドをずっと日光に当てていなかったせいか、藻の元気が無くなってしまったとのこと。小エビたちは依然として元気のようですが…ちょっと心配です。

以前紹介した「BEACHEORLD」の小エビ達は脱皮を繰り返し元気に活動しているんですが、ずっと日光が当たっていなかったせいで光合成が足りなかったのか?(ハロゲンランプ以外の電気であれば光合成ができると聞いたのですが)藻の元気がなく、ここ2週間ずっと日光に当てて光合成をさせているんですが、変化が見られません。ご存知の方、教えて下さい。
でものビーチワールド、とってもお勧めです。ガラスの中の小エビ達は毎日彼らの人生を楽しんでいるだろうかとたまに気になったりもしますが…。

■ということで本日の情報収集はここまで。情報収集をして賢い通販生活を送りましょう。
posted by good shoppers at 09:43| ビーチワールド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。